気象学研究室関係のスタッフから大学院受験を考えている皆様への一言


上田 博(うえだ ひろし)(気象学研究室・教授)

 名古屋大学 地球水循環研究センター 気象学教室 では,解っていそうでよく解っていない,雲・降水現象についてスタッフと学生が一丸となって解明に取り組んでいます.私たちが主に解明に取り組んでいる積乱雲は,降雹・雷・竜巻・マイクロバーストなどの激しい気象擾乱をもたらすと共に,地球水循環を駆動するエネルギーの供給源でもあるため,集中的な研究が求められています.雲・降水現象のように複雑なシステムの理解のためには,観測,解析,数値実験を研究者のチームワークで取り組むのが一番有効であると考えられます.気象学研究室では,このような研究に大学院入学後直ちに取り組んでもらうための体制を整えており,国際的な研究交流にも参加してもらう環境を整えています.皆さんが修士論文を書くときには,研究の第一線で自分が研究課題の何かを明らかにしつつあるという実感を持つことができるでしょうし,博士論文を書くときには取り組んでいる研究課題の解明では 自分が“Number one in the world”であると思えるに違いありません.大気中の水を動かす雲の研究を一緒にやってみませんか.


ホーム