ばいば〜い。

あやこの遺産

 

名古屋って日本海側じゃないよね?ぐらいの勢いだったワタクシが

初めて名古屋に来てから2年半が経ちました。

 

茂木氏に誘われ、いつか見学だけでも、のつもりが、

次の日に願書書きに名古屋にでかけることになり、

川畑氏と服部氏と坪木助教授のおかげで無事提出。

その1ヵ月後には入学を決めていた、そんな2001年夏。

 

大学卒業を祝う間もなく学会準備で春を迎えた2002年。

「セラーズ友の会」に入会してしまったM1の四月。

その後の苦労もしらずに、ほいほいと。

 

学会発表をやりとげたM1の五月。

発表を終えてやる気をなくしたM1の六月。

観測に行って、気象研の室井さんと話をして、やる気を取り戻したM1の七月。

ニックを追ってオーストラリアに出かけようとしたM1の八月。

Mゼミに苦しんだM1の九月。

ハセガワ氏、坂本氏、西岡氏と北海道を旅したM1の十月。

ぼーっと統計なんかやってたM1の十一月。

解凍されてないデータをそのままプログラムで読ませて

うまくいかないうまくいかないと無駄に苦しんでたM1の十二月。

北陸で雪に埋もれたM1の一月。

就活やりながらセルをおっかけてたM1の二月。

就職するか進学するか悩みまくったM1の三月。

 

就職が決まったM2の四月。

「後世に残る図」を作成したM2の五月。

発表なんてしたくないっ!とM坂氏と出世氏に訴えたM2の六月。

しかし国際学会で発表しちまったM2の七月。

戦略の発表準備で2度ほど泣いてしまったM2の八月。

やりたくない病のピークでしたナ。

その反動をくらって何もしなかったM2の九月。

弟子ができたM2の十月。

「セラーズ友の会」会員として、セルはなぜ群れるのかを悩んだあと、

名誉顧問の金田氏に会いに行って、素敵な東京旅行ができたM2の十一月。

いんとろ考えなきゃってことを考え続けたM2の十二月。

3度ほど涙を流し、そのたびにロウソクを見つめたM2の一月。

2年間のまとめをしっかり発表できましたワ。

初めてスキーを体験したM2の二月。

「セラーズ友の会」を立派に卒業したM2の三月。

 

2年間たいへんたいへんたいへんたいへんお世話になりました\(_ _)

 

ワタクシは九州旅客鉄道株式会社に就職いたします。

 

最初の1ヵ月半は、社会人のマナーなどの研修で

門司にある研修センターの寮に入ります。

 

それから寮を出て、10月ぐらいまで、博多にある本社で

運輸部の企画課、車両課、運用課、検修課、輸送課の

いずれかで勤務となります。

どこの配属になるかはわかりません。

 

企画課では、社員に対する賞罰制度を決めたりします。

車両課では、ダイヤを決めたりします。

運用課では、司令をやります。

検修課では、車両の点検や開発などに関する仕事をやります。

輸送課では、車両の配置や、運転士・車掌の勤務形態を決めたりします。

 

その後、運転士の免許をとりまして、

1年近く、門司〜南福岡間の運転もしくは車掌をやる予定です。

 

そのあとは、5つのすべての部署をまわります。

運転士や車掌に教育したりもします。

万一事故が起きたりしたとき、部長だったりしたら、記者会見に出るかもしれません。

そんな部署です。

 

新幹線は導入されたばっかりで、どう携わるかはまったくわかりませんが、

もし運転するようなことにでもなれば、また連絡いたしますね。

 

これからの人生については、どこかでお伝えしていく予定です。

車掌にでもなった日には、記念写真でもどこかに載っけます\(_ _)

ま、できるだけ。

 

ではでは、みなさま、お元気で。

九州にお立ち寄りの際は、ぜひともお声をおかけくださいませませ。

 

 

Last up Date : 25 March 2004

Manager : Ayako Nakamura

sc198196@hotmail.com

 

 

 

ぷれぜんてぃっどばい あずふぉろーず